お酒に強くなりたい!TOP > 知識 > 頭痛を治す方法は?

お酒で頭痛?二日酔いを早く 治す方法ってある?


お酒の飲み過ぎで頭痛になっている男性のイメージ画像

お酒で頭痛になる二日酔いですが、アルコールが好きな方なら、誰でも経験があると思います。

中には飲んでいる最中から頭が痛くなる人もいるのですが、大抵は、飲んでいる時は気にならないものです。

もちろん、飲み過ぎれば頭痛や吐き気に襲われてる人もいるでしょう。

そして、決まって飲み過ぎなければよかったと後で後悔する。


そこで、今回は・・・

  • お酒と頭痛の基礎知識について!
  • お酒による頭痛!早く治す方法について!
  • やってはいけない行動について!


これらについて解説しています。


お酒を飲むと頭痛になることが多い人は、ぜひ参考にしてみてください。


あわせて読みたい記事
お酒で失敗しない方法とは?


お酒と頭痛の基礎知識について!


はじめに、なぜ、お酒を飲むと頭痛の症状が起きるのか?

実は、お酒による頭痛の原因には、2つあります。

  1. お酒を飲むことで頭痛になる場合
  2. 飲みすぎで二日酔いによる頭痛の場合


これらには、大きな違いがあります。


お酒を飲むことで頭痛になる場合


飲んでいる時に頭が痛くなる人もいるのですが、この原因は、アルコールを摂取することで、血管が拡張して神経を押さえつけるためです。

これは、お酒が弱い人や普段から頭痛がする方に多いと言わています。

また、体調が悪い場合も頭痛を感じやすくなるので、お酒の弱い人や体の調子が良くない場合はお酒は控えた方が無難です。


飲みすぎで二日酔いによる頭痛の場合


飲み過ぎで翌日、頭が痛くなるのは、アセトアルデヒドが原因です。所謂、二日酔いと思ってください。

お酒を飲むと体内では、アセトアルデヒドという有害な物質に変わります。

そして、体内では、このアセトアルデヒドを体外に排出しようとして血管が拡張して、三叉神経を刺激することで頭痛が発生してしまいます。

もちろん、飲み過ぎなければひどい頭痛に襲われることはありませんが、頭が痛いなら今すぐにでも治したいところでしょう。

関連記事
お酒に慣れると強くなるって本当?


お酒による頭痛!早く治す方法について!


お酒による頭痛ですが、できるなら今すぐにでも治す方法が知りたいですよね。

本来なら飲まなければいいだけの話ですが、そうも言ってられません。

二日酔い頭痛を治す方法としては、以下のことを試してください。

  • 水やコーヒーを飲む
  • 市販薬で対処する
  • ツボ押しを試してみる
  • 病院で点滴をしてもらう
  • 寝て休む


これらです。


水やコーヒーを飲む


アセトアルデヒドを体外から排出させるためにも水を飲むことをお勧めします。

経口補水液やスポーツドリンクでも構いません。

体内に水分を素早く補給してアセトアルデヒドを尿から排出させましょう。

但し、水が良いからと短時間の間に数リットルとかは飲まないようにしてくださいね。

水中毒になる恐れがあるので注意が必要です。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があるので頭痛を和らげてくれます。

もし、コーヒーが苦手と言う人は、緑茶を飲みましょう。

お茶にもカフェインが含まれているのでこちらでも構いません。


市販薬で対処する


頭痛を治す方法としては、市販薬で対処するのも良い方法です。

市販の頭痛薬には、ロキソニンやバファリン、イブなどいくつかありますが、薬を飲むことで早く頭痛が治るでしょう。

それと使用上の注意書きもよく読み、必要以上に薬を飲まないようにしましょう。


ツボ押しを試してみる


頭痛の時に効果的なツボというのもあります。

ツボにはいくつかあるのですが、手軽に刺激できて効果的なものを1つ紹介しましょう。

それは、合谷(ごうこく)と言うツボです。

合谷は血流を良くするツボで有名ですが、二日酔いによる頭痛の他にも、腹痛、下痢、便秘、高血圧など幅広い症状に効く万能ツボとなっています。

ツボの場所は、親指の骨と人さし指の骨が交わるところにあります。

手にあるツボなので普段から指圧する癖をつけるのもいいと思います。


病院で点滴をしてもらう


自力ではどうにもならない時もあるでしょう。

そんな時は、病院に足を運び、点滴を打ってもらいましょう。

その際、先生にどのぐらいの量を飲んだのか?

市販薬は何を飲んだのか?

何か持病があるかどうか?

これらをしっかりと伝えるようにしてください。


寝て休む


仕事が休みで時間があるなら、自宅でゆっくり寝て頭痛を治しましょう。

もちろん、今すぐに治ると言うわけにはいきません。

それでも、市販薬を飲んでゆっくり休めば、その内に治ります。


やってはいけない行動について!


お酒で頭が痛い時にやってはいけない行動もあります。

例えば・・・

  • 入浴・サウナ
  • 運動
  • 迎え酒
  • 車の運転


これらです。


入浴・サウナ


飲み過ぎて頭が痛い時に入浴やサウナはやめましょう。

二日酔いになっていると言う事は、脱水状態になっているので、入浴やサウナに入ると汗が出てしまい、血液はドロドロ状態となります。

すると脳梗塞や心筋梗塞など命に係わる病気を発症する事もあるので、どうしても体を洗いたい時は、シャワーで軽く体を洗う程度にしておきましょう。


運動


お酒を飲んで頭痛になっているなら運動は避けましょう。

汗をかくので入浴・サウナと同じように脱水状態になる危険性もあります。

また、アルコールを分解するのに大量の血液が必要なのですが、運動することで血液は筋肉に流れてしまうので、頭痛が緩和するまでに時間がかかってしまいます。


迎え酒


次の日に迎え酒と言ってお酒を飲まれる方がいますが、これはやってはいけない行動です。

確かに迎え酒で飲めば、一時的にはマヒして症状が和らぐかもしれません。

ですが、その後はまた頭痛にもなりますし、肝臓にも負担がかかってしまいます。

それに迎え酒を繰り返し行えば、今度はアルコール依存症になりかねません。

なので、迎え酒はやめましょう。


車の運転


お酒を飲んで頭痛がしている時に車の運転は危険です。

翌日の朝に運転するとしたらアルコールも残っていることがあるので飲酒運転で捕まる可能性もあります。

それに酔った状態で運転したら大きな事故を起こす恐れもあるので、体調の悪い時に運転はしてはいけません。


まとめ

 
今回は、お酒で頭痛になる知識や頭痛になった時に早く治す方法、それとやってはいけない行動についてお伝えいたしました。

アルコールが弱い人は、飲んでいる最中に頭痛になることもありますので、強くないと思ったら飲酒量に注意してください。

また、頭痛を早く治す方法をいくつか紹介しましたが、自力で対策してもダメな時は、病院で点滴を打ってもらいましょう。

いずれにせよ、頭痛になると言う事は、お酒の量が多い証拠です。

二日酔いになりたくないなら、飲み過ぎに注意しましょう。

関連記事
お酒につ良くなりたい人はコチラ!

下戸の人が飲めるようになった噂の方法!



下戸だったにも関わらず・・・
人体実験を始めてから8年間
遂に発見しちゃいました!
今では・・・
みんなと同じように普通に飲んでいます!
安心の全額返金保証キャンペーン付き

⇒詳しくはコチラから!