お酒に強くなりたい!TOP > 知識 > 強い人と弱い人の特徴!

お酒が強い人と弱い人の特徴って何がある?


お酒が強いと弱い人の特徴!

お酒が強い人と弱い人の特徴って一体何があるのでしょう?アルコールが弱い人は、その違いが気になるものですよね。

もちろん、人それぞれ、体質も違い、個人差などもあるので一概には言えないでしょう。


そこで、今回は・・・

  • 質的な違いについて
  • お酒が弱い人の特徴について
  • お酒が強い人の特徴について


これらを解説しています。


お酒が弱くて困るという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


あわせて読みたい記事!
お酒に強くなりたい人がやるべきポイントについて解説!


体質的な違いについて!


お酒が強い人と弱い人では、体質的にどんな違いあるのか?

具体的に言えば・・・

  • 遺伝による体質の違い
  • 血液量の違い
  • 体重・性別・年齢による違い


これらの違いはあります。


遺伝による体質の違い


お酒が強いか?弱いか?これは遺伝が大きく関係しています。

先ず、お酒を飲むと、アセトアルデヒドという毒素に変わり、体はALDH2という酵素を出し無毒化していくのですが、この酵素が問題になります。

ALDH2には3つの型があり、日本人は約40%の人がALDH2の活性が弱い「低活性型」と言われています。また、4%の人が分解酵素がまったく活性化されない非活性型となっています。

非活性型=分解酵素がまったく活性化されない
低活性型=分解酵素の活性化が少ない
高活性型=分解酵素が活性化されやすい

つまり、お酒が強いか弱いのかはALDH2の活性のタイプによって違い、これは親から遺伝で受け継ぐということを理解してください。


血液量の違い


お酒が強い弱いは、血液量の違いも影響します。男性は女性よりも体格が良く、血管量も女性より多いんですね。

お酒を飲むとアセトアルデヒドに変わるのですが、女性の場合、血液量も少ないので、アセトアルデヒドが血管を巡るスピードが速く、男性よりもお酒に弱いと言われています。


体重・性別・年齢による違い


体重や性別、年齢によっても違いはあります。

体重


体重が重ければ、その分、血液量や水分量が多くなるので血中のアルコール濃度はそれだけ薄くなるので強いと考えられます。

性別


性別ですが、上記で紹介した血液量の違いでも書いたように一般的には、男性よりも女性の方がお酒が弱いとされています。

年齢


年を取れば取るほど、体力も落ち、お酒も弱くなっていきます。若い頃は、大酒飲みだったのに、年を取ったら缶ビール1本が精いっぱいなんて人もいるでしょう。


関連記事
アルコールパッチテストでお酒が強いか弱いかを判断する!



お酒が弱い人の特徴について


では、お酒の弱い人の特徴について見てきましょう。

色々と症状や特徴があるのですが、特に以下のことが挙げられます。

  • 少量でも酔いやすい
  • 飲み始めからすぐに顔が赤くなる
  • 両親もお酒が弱い
  • 二日酔いになりやすい


などです。


少量でも酔いやすい


お酒の弱い人の特徴としては、少しのアルコールでも酔いやすいというのがあります。アルコール代謝能力の低い人や下戸のような人は、コップ一杯のビールでも酔ってしまったり、吐き気や頭痛になる事もあります。


飲み始めからすぐに顔が赤くなる


お酒が弱い人って、すぐに顔が赤くなるイメージがありますよね。特にお酒が弱い人は、アセトアルデヒドの分解するスピードの処理が追い付かず、その結果、すぐに顔が赤くなる特徴があります。

両親もお酒が弱い


お酒が強い弱いは、上記でもお伝えしたように遺伝が大きく関係しています。両親が弱い場合は、その子供も弱いと思ってください。


二日酔いになりやすい


お酒が弱い人の特徴としては、二日酔いになりやすいというのがあります。アセトアルデヒドの分解スピードが遅い人の場合、飲んでいる時は、気持ち良く酔っているのですが、次の日に激しい頭痛や吐き気、倦怠感など症状になることがあります。


お酒の強い人の特徴について!


次にお酒の強い人の特徴について見ていきましょう。

具体的に次のような人は、お酒が強いという証拠でもあります。

  • 顔色が変わらない
  • よく喋る・会話が楽しい
  • 二日酔いにならない


これらです。


顔色が変わらない


お酒の強い人の特徴には、顔色が変わらないというのがあります。顔色が変わらないという人は、アルコール代謝能力が高い証拠でもあります。周りの人は、酔って呂律が回らないけど、強い人は、楽しく普通に飲んでいたりします。


よく喋る・会話が楽しい


よく喋り、会話も楽しいというのも、お酒が強い人の特徴でもあります。お酒が大好きな人は、しんみりした話や悲しいというよりは、いつも盛り上がっていたいタイプに多いようです。


二日酔いにならない


お酒の弱い人と違い、二日酔いならないというのも大きな特徴です。一緒に飲んでいた人は、二日酔いで次の日仕事にならないけど、お酒が強い人は、何事もなかったようにケロッとしていたりします。


お酒の弱い、強いにはこのような特徴があります。

関連記事
お酒に慣れると強くなるって本当なのか?


まとめ


今回は、お酒が強い人と弱い人の特徴についてお伝えしました。

実際、お酒が弱い方が周りと同じように飲むと二日酔いになることもあります。なので、自分の限界を知ることも大事です。

無理して、飲めばそれだけ自分が辛くなってしまいますからね。また、自分は強いと思って、泥酔するまで飲んでしまえば周りに迷惑をかけることもあるので気をつけなければいけません。

いずれにせよ、トラブルにならないためにも、上手にお酒と付き合っていくことが大事です。

いつも、二日酔いになる人は、気をつけてくださいね!

下戸の人が飲めるようになった噂の方法!



下戸だったにも関わらず・・・
人体実験を始めてから8年間
遂に発見しちゃいました!
今では・・・
みんなと同じように普通に飲んでいます!
安心の全額返金保証キャンペーン付き

⇒詳しくはコチラから!