お酒に強くなりたい!TOP > 悩みや気をつけること! > むくみや体重が増加する原因と対策!

お酒で体重が増加するのはむくみが原因なのか?対策は?


むくみや体重が増加する原因と対策

お酒を飲んだ次の日って顔がむくみやすいですよね。

飲酒を習慣にしていると体重も増加してしまう・・・。

むくんだ顔のまま出社したくない・・・。


お酒好きの方ならこのような悩みはあると思います。

できることなら、お酒を飲んでもスマートでいたいですね。

そこで、今回は・・・

  • お酒によるむくみや体重増加の原因とは?
  • むくみや体重増加を防ぐには何を食べればいい?
  • 顔のむくみの予防と対策!


これらについてお伝えしています。

普段からよくお酒を飲まれる方は、ぜひ参考にしてみてください。


あわせて読みたい記事
二日酔いでだるい時の対策!


お酒によるむくみや体重増加の原因とは?


お酒でむくみやすくなる原因について


お酒を飲むと、むくみやすくなる理由は?

簡単に説明すると・・・

お酒などのアルコールには利尿作用があります。

利尿作用により体にある水分は排出されるんですね。

すると身体は水分を補おうとします。

アルコール分解のためにも水分が必要になるので、身体はより多くの水分を摂取しなければいけません。

ですので、排泄量を上まわる水分の摂取量がむくみに繋がるということになります。


他にも、お酒と一緒に食べるおつまみなどにも注意が必要です。

塩分が多い物を食べると、体の塩分濃度を薄めようと体内は水分を溜め込むので、それがむくみの原因になります。


お酒は高カロリーで太りやすい


実は、お酒って高カロリーってご存知でしたか?

目安として・・・

・ビール(500ml) 200kcal
・日本酒(1合180ml) 190kcal
・焼酎(1合180ml) 250kcal
・ワイン(200ml) 150kcal
・ウィスキー(60ml) 145kcal


このように意外にもアルコールは高カロリーなんですね。

ちなみにマクドナルドのハンバーガーは256kcalです。

なので、お酒を飲んでハンバーガーやフライドポテトとか食べたら当然、太ってしまいます。


お酒を飲むと中性脂肪が増える


お酒で体重が増加する原因には、中性脂肪が増えると言う事が挙げられます。

アルコールを多く摂取すると、肝臓は脂肪を分解する働きを止めてアルコールの分解を優先させます。

そこへ、カロリーの高い揚げ物などを食べれば、中性脂肪が増えてしまう。

日頃から暴飲暴食を繰り返せば体重が増加するので気をつけなければいけません。


お酒を飲むと食欲が増進される


お酒の効果には食欲増進があります。

お酒を飲めば、ついつい必要のない物まで食べてしまいますよね。

当然、食べ過ぎれば、体重が増加して顔もむくむというわけです。

なので、体重の増加やむくみが気になる人は、お酒の飲み方や食べ物などを見直さなければいけません。

関連記事
どんなお酒なら酔わないのか?


むくみや体重増加を防ぐには何を食べればいい?


アルコール摂取によるむくみや体重増加を防ぐにはどうすればいいか?

できることなら太りたくないですよね。

具体的な対策としては・・・

  • 飲む時に野菜や大豆製品、海藻類を食べる
  • 塩分控えめな食べ物を選ぶ
  • 高カロリーの食べ物は少なめにする
  • 飲みながら水を摂取する
  • 飲み過ぎない


これらのことが大事です。


飲む時に野菜や大豆製品、海藻類を食べる


お酒を飲む時には、最初に野菜や大豆製品などを食べましょう。

ビタミンB群を摂取することで代謝がスムーズになります。

また、むくみ対策としてカリウムを摂取することが望ましいです。

野菜や海藻にカリウムは多く含まれるので、飲む時は意識的に野菜や海藻類を注文しましょう。


塩分控えめな食べ物を選ぶ


顔のむくみがイヤならなるべく塩分控えめな物を食べましょう。

例えば、刺身を食べるなら醤油のつけすぎには注意が必要です。

味が薄いからとなんでもかんでも醤油や塩をかけて食べてはいけません。

なるべく薄味に慣れていくようにしましょう。


高カロリーの食べ物は少なめにする


お酒を飲めば、鶏の唐揚げなど食べたくなりますよね。

しかし、高カロリーの物を食べればそれだけ太るので気をつけなければいけません。

そうはいっても、鶏の唐揚げやチーズなどは美味しいので食べたいですよね。

そんな時には食べる量を少なめにしましょう。

お腹が溜まらないようなら、野菜を食べるのがお勧めです。

ニンジンやキュウリのスティックなどはヘルシーですし、堅い食べ物なので噛む回数が増えて満腹効果を得られます。


飲みながら水を摂取する


顔のむくみがイヤなら、お酒を飲む時は水も一緒に摂ることをお勧めします。

お酒のとなりにチェイサーとして水を用意しましょう。

水分を摂取することで脱水を防ぎ、むくみ対策になります。


飲み過ぎない


むくみや体重増加が気になるなら、やはり飲み過ぎないことです。

糖質ゼロ・糖質オフといったビールでもカロリーはあります。

お酒が進めば、食欲も増すのでお酒の量には気をつけてください。


顔のむくみの予防と対策!


お酒を飲めば、顔はむくみやすくなります。

なので、普段から予防や対策することが大切です。

具体的には・・・

  • 入浴と水分補給をする
  • リンパマッサージ
  • むくみを解消する食べ物を摂取する


これらを実践するようにしてください。


入浴と水分補給をする


むくみが気になるなら湯船に浸かり入浴しましょう。

お風呂に入る事で血流が良くなり、むくみ改善に繋がります。

入浴後は、必ず水分補給をしてください。

コーヒーやお茶などは、利尿作用があるのでなるべく避けるようにしましょう。


リンパマッサージ


むくみが気になる人はリンパマッサージも効果的です。

耳や頬、首筋、鎖骨などにリンパがあります。

これらリンパは、流すイメージでマッサージするようにしましょう。


むくみを解消する食べ物を摂取する


二日酔いのむくみは体内に余分な水分が停滞している証拠です。

このような時は、カリウムが含まれる食品を摂取しましょう。

カリウムは、水分の体外排出に役立ちます。

オススメの食べ物なら、バナナやアボカドです。

バナナであれば手軽に食べれるのでいいですよね。

顔のむくみが気になる方は、ぜひ試してください。

関連記事
お酒を飲んで眠れない時の対処法!


まとめ


今回は、お酒のによるむくみや体重増加の原因と対策についてお伝えしました。

どうしてもお酒を飲むと食が進み、食べ過ぎることになります。

食べ物を工夫することでも、むくみや体重増加の対策になります。

顔のむくみや体重が気になる人は、暴飲暴食を見直してアルコールライフを楽しみましょう!

下戸の人が飲めるようになった噂の方法!



下戸だったにも関わらず・・・
人体実験を始めてから8年間
遂に発見しちゃいました!
今では・・・
みんなと同じように普通に飲んでいます!
安心の全額返金保証キャンペーン付き

⇒詳しくはコチラから!