お酒に強くなりたいとお悩みのあなたへ!


ビールの画像

あなたもお酒に強くなりたいとお悩みですか?

アルコールが弱い人は・・・

飲むとすぐに頭痛や吐き気がする

飲み会を楽しむことができない

下戸とか言われバカにされる


このように飲み会に参加すること自体が辛くなります。

できるなら今すぐにでもお酒に強くなりたいでしょう。

そこで、このサイトでは・・・

お酒に強くなるにはどうすればいいか?

これらをテーマにお伝えしています。

飲むとすぐに気分が悪くなる人は、楽しい飲み会が辛いだけの会となります。

ですが・・・

工夫次第では、みんなと同じように楽しむことができます!

具体的にお酒を強くするにはどうすればいいか詳しくお伝えしていますので、アルコールが苦手と言う方は、ぜひ参考にしてみてください。



私が大酒飲みになった秘密とは?
なぜ下戸の私が飲めるようになったのか?
その秘密はこちらで・・・


お酒に強くなりたい人がやるべこと!




お酒に強くなりたいと言っても、いきなりアルコール度数の高いお酒を飲んでみたり、量を増やすとか無理なことをしてはいけません。

そんなことをすれば、体に負担がかかるので危険です。

アルコールが弱いと自覚している人は、以下の項目を確認してください。

  1. 肝臓を強化する!
  2. 筋肉量を増やす!
  3. 睡眠を取り体調を整える!
  4. お酒を飲む回数を増やす!
  5. アルコール度数が低い飲み物を選ぶ!
  6. チェイサーに水を用意する!
  7. 飲むペースを考える!


1:肝臓を強化する!


お酒が苦手な人は、肝臓の機能が弱まっている可能性があります。

肝臓はアルコールを分解する臓器なのでこの機能を強くすることが大事です。

肝臓を元気にさせたいのであれば・・・

シジミや牡蠣、イカなど。

タウリンが含む物を食べてみください。

他にも、植物性のタンパク質を摂るのもいいですね。

具体的には、納豆や豆腐、味噌汁などの大豆製品など。

また・・・

肝臓の機能をアップさせるためには食べ過ぎはNG

普段の食事では、腹七分目を意識して食べるようにしましょう。


2:筋肉量を増やす!


実は、筋肉を付けることでもお酒に強くなると言われています。

アルコールは体内から血液に入り肝臓に行くのですが、筋肉は血液に入るアルコールを抑える作用や肝臓の他の機能を助ける働きがあります。

その結果、筋肉を付けることで酒が強くなるというわけです。

ちなみに・・・

筋肉を付けるには、スクワットが効果的です。

筋肉の7割は下半身に占めていると言われています。

スクワットであれば効率よく筋肉を付けることが可能なので毎日の習慣にしてみてください。



3:睡眠を取り体調を整える!


お酒に強くなりたいなら・・・

体調を整えることが重要!

それには睡眠をしっかりと取ることです。

普段から短眠で寝る時間が4時間以下と言う人もいるでしょう。

そんな人は、免疫力も落ちて、体全体のパフォーマンスも悪くなります。

アルコールにも影響するので十分な睡眠を取るようにしてください。

具体的には7〜8時間ぐらい寝るのが理想です。

また、寝溜めは出来ません。


生活習慣を改善させるためにも早寝早起きの習慣をつけるといいでしょう。


4:お酒を飲む回数を増やす!


普段、あまりアルコールを飲まない人は、飲む回数を増やすのもいいです。

飲む回数を増やば、アルコール分解酵素の働きを鍛えることも可能です。


だからと言っても、飲み過ぎはいけません。

少量でいいので回数を増やして体に覚えさせることが目的です。

飲酒を継続させることで・・・

ミクロゾームエタノール酸化酵素と言う酵素が活発になりアルコールを分解させる作用があります。

あくまでも・・・

二日酔いや気分が悪くならない程度に飲む事がポイント

毎日、飲み過ぎてしまえば体を壊すので気をつけてくださいね。


5:アルコール度数が低い飲み物を選ぶ!


お酒は、アルコールの度数の低い物を飲みましょう。

ウイスキーとかをストレートやロックで飲むと酔いが回るのも早いですからね。

ウイスキーや酎ハイを飲むなら薄く作った物を飲むようにしましょう。

家で飲むなら・・・

アルコールが3%のサントリー「ほろよい」、キリン「氷結」など

これらのお酒を飲むのもいいと思います。

お酒に強くなりたい人は、度数の低い飲み物で体を慣れさせていきましょう。


6:チェイサーに水を用意する!


お酒を長時間、飲まなければいけない時もあるでしょう。

そんな場合はチェイサーにお水を用意して交互に飲むことです。

こまめにお水を飲めば、それだけ飲むスピードも遅くなり、酔いにくくなります。

また、アルコールを飲む時に作られるアセトアルデヒドと言う物質を分解するためにも水分補給は必須です。

お店で飲む時は遠慮しないで、一緒にお水も頼むようにしましょう。


7:飲むペースを考る!


お酒が弱いと自覚している人は、飲むペースを考えることも大切です。

お酒に強くなりたいからと言っても、無理して飲めば体が参ってしまいます。

一般的にアルコール成分が分解するには、1時間で、5g〜7g程度です。

ビールの500ml(アルコール含有量20g)の缶で計算すると・・・

アルコールを分解するまでに約3〜4時間かかる計算になります。


もちろん、個人差はあります。

しかし、お酒が弱いなら無理をしないことが大事です。

なるべく、時間をかけてゆっくり飲む癖をつけるようにしましょう。

お酒の量や時間は、自分に体に合わせて調整してください。



下戸が酒豪になった話!



意味がない?お酒に強くなりたい人はやっちゃダメなこと!




いくらお酒が強くなりたいと言っても効果がない事をやっても意味はありません。

次のような事をやってもお酒は強くはなりません。

  • 吐く行為
  • 手術や注射
  • お酒の前にウコンを飲む
  • お酒の前に牛乳を飲む



吐く行為


お酒を飲んで吐くと強くなると考えている人もいるようです。

しかし、これは全くのウソです。

この行為を続けると胃や食道が酸にさらされ荒れるので危険です。

また、飲み食いしてから吐く行為を続ければ摂食障害となってしまいます。

場合によっては拒食症に発展する可能性もあります。

ですので絶対に吐く行為はやってはいけません。


手術や注射


手術や注射でお酒が強くなることはありません。

ニンニク注射やビタミンC注射の場合は、二日酔いの改善に役立つという情報はあります。

ですが、それでお酒が強くなるわけではありません。

ネットでは、色んな情報があります。

このようなデマには気をつけるようにしましょう。


お酒の前にウコンを飲む


お酒を飲む前にウコンを飲むと良いと言いますよね。

しかし、ウコンでお酒が強くなるわけではありません。

ただ、ウコンの成分には、炎症を抑える効果はあります。

なので二日酔いの症状を和らげることができると言われています。

また、ウコンには多くの鉄分が含まれていて、過剰に摂取すれば、胃腸や肝臓に負担をかけてしまい、吐き気や嘔吐、下痢と言った副作用も出る事もあります。

なので、必要以上にウコンを摂取してはいけません。


お酒の前に牛乳を飲む


飲む前に牛乳を飲むと酔わないので強くなるという方もいます。

しかし、これも間違った情報になります。

確かに牛乳を飲めば、胃に膜が作られます。

ですが、お酒を飲めばすぐに流されてしまい意味がありません。

それでも、牛乳には肝機能を高める作用があると言われています。

なので、二日酔いの予防効果は多少は期待できるかもしれません。



お酒が飲めない人向けの情報!



もう失敗しない!お酒に強くなりたい人が守るべきポイント!




アルコールが弱くて、すぐに酔って気分が悪くなる。

決まって次の日は二日酔いに悩まされる。

こんな方って、意外に多いようですね。

そこで、お酒で失敗しないためにはどうすればいいかお伝えしています。

二日酔いにならない為にも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 自分の「適量」を守ること!
  • はしご酒を避けること!
  • 深夜まで飲まない!時間を決めて飲むこと!
  • 飲み慣れない強いお酒は控えること!
  • 空腹時は飲まないこと!軽く食事から飲むこと!



自分の「適量」を守ること!


先ずは、自分の適量を知ることも大事なポイントです。

アルコールが弱い人が、飲み過ぎてしまえば、二日酔いになります。

自分の適量を把握してそれ以上は飲まないと決めるようにしてください。

これができれば、二日酔いの心配もありません。

お酒で失敗することもありません。


はしご酒を避けること!


つい、はしご酒をする方もいますよね。

何件もお店を変えればアルコール摂取量も増えるので注意が必要です。

はしごする場合は、薄目のアルコールにするか?

あるいは、ソフトドリンクなどノンアルを頼むようにしましょう。


深夜まで飲まない!時間を決めて飲むこと!


お酒で失敗しないためには、夜遅くまで飲まないこと!

あらかじめ飲む時間を決めておくといいと思います。

例えば、2時間以内に飲み終わるとかです。

自分でルールを決めてそれを守ってみてください。

これができればお酒で失敗するということはありません。


飲み慣れない強いお酒は控えること!


普段、絶対に飲まない強いお酒は、控えた方が無難です。

珍しいからと言って、テキーラの一気飲みやウォッカなど。

強いお酒を飲めばそれだけ酔いも早いです。

気づいたら泥酔することもあるので注意してください。


空腹時は飲まないこと!軽く食事から飲むこと!


空腹時にお酒を飲むと早く酔うので注意が必要です。

出来れば、軽く食事をした後に飲むのもいいと思います。

枝豆や豆腐などのおつまみを食べながらゆっくり飲んでいくのもいいでしょう。

いずれにせよ、空腹時に駆けつけ三杯とかやってしまうと後が続かなくなってしまいます。

お酒で失敗しないためにも十分気をつけてください。


お酒に強くなりたい人必見!下戸の人が飲めるようになった噂の方法!



下戸だったにも関わらず・・・
人体実験を始めてから8年間
遂に発見しちゃいました!
今では・・・
みんなと同じように普通に飲んでいます!
安心の全額返金保証キャンペーン付き

⇒詳しくはコチラから!